top of page

氷上より愛を込めて|上森透哉

こんにちは。48期の上森透哉です。新体制の意気込みをついこの間書いた気がしますが、あっという間に引退を迎えてしまいました。

今回は引退ブログということなので、引退して少し経った今の素直な気持ちを書き連ねたいと思います。せっかくなので新体制の意気込みも読み返しながら、また約4年間を思い出しながら綴れればいいなぁというような次第です。少しのお時間、自分語りにおつきあいください。


「この部活に入って良かったな」


中学生の作文みたいに最初にかぎかっこを使って書いてみましたが、これが引退した私の気持ちを純粋に表している一言です。もっと上手な言葉で細かく表現できればかっこいいなと思ってはいますが、このくらいのふわふわした表現でしか表せないような何とも言い難い充実感に満たされているというのが正直なところです。


何が良かったかというところなんですが、大きく三つに分けられると思っています。

一つ目は、アイスホッケーというスポーツに出会えたこと。すごいスピーディーで激しくもあり、しかしパックの扱いは繊細さが必要とされ、スケートを乗りこなしながら、手も動かさなければならないという高難易度、どこをとってもこのスポーツだけが持つ魅力だなと感じます。この沼にどっぷりと四年間もつかることができ、そしてあがき苦しみながらも成長していくことに満足を感じることができたのは自分の中でもかなりの財産だと思います。今後も機会があれば氷上に乗れればいいなあと思う次第です。


二つ目は同期と先輩とコーチと後輩、みんなに出会えたこと。先輩は良く話しかけてくれて、かわいがってくれていたかはわからないけど、とっても居心地よく過ごすことのできたような気がします。1・2年の時のことなので少し記憶が薄れてはいますが…。後輩は、最終年は特にわがままも多かったし、先輩らしさはそんなにはなかったかもしれないけどついてきてくれて、ダルがらみにも付き合ってくれてとっても楽しかったです。来年も再来年も見に行ったときはまたダルがらみに付き合ってもらうつもりなのでその時はよろしくお願いします。優太君とせいやくん、あと某たくみくんも、いつまでもこけ続ける私を見捨てずに優しくけつを叩いてくれて、時には厳しくしてくれて、そのおかげで気持ちよくホッケーできたと感じます。引退しましたが、これからも何かあったらコーチングをよろしくお願いします。なんか卒業式みたいになってしまいましたが、それだけ大好きな人たちだったなというのが正直な気持ちです。


あと、同期のみんなはもう言うまでもないし、ここで終わりじゃないと思っているので、また卒業旅行にでも、話しましょ。あなたたちは、私の人生に一生付き合っていってもらうライフメイトだと思ってます、覚悟してください。


三つめは、本気でスポーツに取り組んで楽しむことのできる自分と出会えたこと。小中高でもサッカーをやっていましたが、自分よりうまいやつはいるしきついしで、真剣にはやっていませんでした。そんな自分を乗り越えようと、スポーツでの成功体験を求めて入ったのがアイスホッケー部でした。4年間を通してその時々で真剣にホッケーと向き合い、楽しみながら氷上に立つことができたと思っていますし、そんな自分を引退した今誇りに思えています。これは自分の中で非常に大きな意味を持つ経験であり、財産であるなと思います。


これからは後輩の姿を観客席で見ていくことになると思っていますが、そうなると今度はこの部活の一員で良かったなと思うことができるようになると考えるとワクワクします。まずは来年、全試合見に行きたいですね。一緒に見に行ってくれる人、主に同期は連絡ください。

氷上からじゃなくても愛すホッケーは可能だと思っていますので、これから先も自分の軸の一つとして持っていければなと思います。


最後になりますが、4年間関わっていただいたすべての人に感謝申し上げます。

ありがとうございました。今後も関わる人は、これからもよろしくお願いします。



閲覧数:142回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page