top of page

氷上より愛を込めて|遠藤里緒

48期MGの遠藤です。

とうとう引退ブログに自分の番が回ってきて、本当に引退してしまったんだなと改めて実感しています。


まず初めに、この場をお借りして、一橋大学アイスホッケー部に日頃からご尽力頂いてる皆様に、心より感謝申し上げます。多くの方々のご支援があってこそ、活動できているということを強く感じた4年間でした。


さて、4年間を振り返り48期体制を一言で表すと、コーチがミーティング中に言っていた「今まで見てきた中で一番強いチームだった、だからこそもったいなかった」というのが一番合っていると思います。前者は、WEST杯の優勝に始まり、"未経験者主体のチームで経験者のいるチームに勝つ"という目標に向かって1年間選手たちが努力してきた結果だと思います。しかし、秋大会の結果は6チーム中4位。5試合中3試合がps戦となる苦しい展開でした。試合後ロッカーで悔しがる選手たちの姿を見て、自分の無力さを痛感していました。

私はとても涙脆いタイプの人間ですが、この1年間を通して決めていたことがあります。それは、試合に負けた後、選手の前で絶対に涙を見せないということです。頑張っていた姿を一番近くで見ているマネージャーにとって、負けというのはとても辛いです。しかし、当たり前ですが選手自身はもっと辛く、その思いは私たちには計り知れないものだと思っているからです。マネージャーとして自分には何ができるのか、葛藤し続けた一年でした。正直なところ、その答えを見つけることはできませんでした。試合に負けた時こそ、ビデオや集計を徹底して見返し、試合相手の分析を始めるなど、次の試合で少しでも勝ちに繋がるように、とにかくガムシャラに行動することしかできませんでした。毎日部活のことを考え走り続けているうちに、気がつけば引退の日となっていました。


最終戦、同期のみんなは知っていると思うけれど、ロッカーで大号泣しました。年100回近く行った氷上練習、ビジター、陸トレ、ミーティング、これまでの4年間のみんなの努力に有終の美を飾れなかったことが本当に悔しかったです。しかし悔しさ以上に、もう同期と一緒に頑張ることができないと思うと涙が止まりませんでした。大学に入学し、友達に誘われるままなんとなく始めたアイスホッケー部が、気がつけばそれほど私の中で大きくなっていました。


思い描いていた結果は残せなかったかもしれません。あの時ああしていればという後悔は山ほどあります。ただ、ダメダメなマネージャーだったかもしれないけど、アイスホッケー部に入ったこと、そして同期と一緒に4年間駆け抜けた事に後悔はありません。この部活を選んだ18歳の自分を褒めたいです。最高の4年間でした!


最後は同期への愛のメッセージで締めくくりたいと思います。


48期プレイヤーのみんなへ

毎試合、本当にたくさんの感動をありがとう。少しはみんなの役に立ててたかな。むしろ毎試合みんなの成長を見せてもらって、相談に乗ってくれて、私の方が支えてもらっていた気がします。卒業旅行ではまた人狼がしたいです。本当にありがとう。私の自慢の同期です!


さやちゃん、ももちゃん、みなみ

最後まで欠けることなく、一緒に走り切ってくれてありがとう。3人が誰か1人でもいなかったら、私自身ここまで続けてこられなかったと思います。我の強い私はたくさん迷惑をかけてしまっていたのに、優しく受け入れてくれた3人には感謝しかありません。シゴデキで、誰より情に厚いさやちゃん、抜群の行動力でインドア3人を引っ張ってくれる唯一の陽キャももちゃん、いつも客観的な立場から物事を考えていて、常に味方でいてくれる優しいみなみ。3人が同期で本当によかった〜!これからも末長く仲良くしてください。


以上!

ありがとうございました!



閲覧数:214回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page